島根大学との産学共同研究で開発

炭八まる 医学部との産学共同研究から開発された “炭の家”

「炭の家」とは、島根大学医学部と出雲土建株式会社との産学共同研究の過程から開発された、マンションのブランド名です。
天井に「炭八」をぎっしりと敷き詰めることで、鉄筋コンクリート造の課題であった湿気対策に成功し、アトピー性皮膚炎、小児気管支ぜん息の大きな要因となるアレルゲンであるカビ・ダニの発生を抑制します。

 

共同写真 

産学01産学02