長期的な視点でマンション経営を考える

流行り廃りに左右されない経営

賃貸経営の目的は土地活用や資産活用、相続対策など様々です。
それを支援するソフト=一括借り上げなどの経営システムや、
ハード=ローコスト工法・特許工法、デザイナーズマンションなども様々に進化し
続けています。
しかし、大切なのは、オーナー様がアパートを「商売」として考えた上で、安定した
賃貸経営ができるかどうか?を考えることなのです。

鉄筋コンクリート造で長期的な経営

アパートやマンションなどの共同住宅の構造は、主に木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造があります。中でも、鉄筋コンクリート造は、耐用年数が長く、風水害にも強く、耐震性、耐火性、遮音性などに優れており、数年後のリノベーションも可能です。
また、最長35年の借入れも可能ですので、長期的な経営にはおすすめです。

■建物の法定耐用年数

 木造 22年
鉄骨造 34年
鉄筋コンクリート造 47年

10年後も満室になることを前提とした賃貸経営をすれば安心!

賃貸マンションの入居率は「立地」「間取り」「グレード」などで大きく左右されます。
逆を言えば、ニーズのある立地に、ニーズに応じた間取りや設備を備えた賃貸マンションを建て、家賃も相場より低く設定し、競争力があれば、自然と満室になるのです。
また、新築後数年であれば高い入居率を確保することは難しいことではありません。10年後、20年後も高い入居率を確保するための対策を考えておくことが重要です。

 

10年後もイメージ写真