2019.12.27 しまね土地活用研究会主催の第14回勉強会を開催しました!

先般、11月23日(土)出雲商工会議所、24日(日)島根県民会館にて、第14回相続対策と土地活用の定期勉強会を開催いたしました。
時節柄お忙しい時でしたが、両日で26名の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。
今回、講師には東京でアパート専門税理士としてまた全国でアパート大家さん、税理士向けに講演、セミナーを数多くされている、渡邊浩滋先生をお迎えし、大家業をされている税理士ならではの視点で、アパート経営成功の秘訣についてお話をいただきました。
 ・節税になるだろうと皆さんがしている経費の使い方は本当に節税になっているのか...
 ・キャッシュが残る経営とは...
 ・優先順位を考えた正しい空室対策...
 ・頼んでいる税理士は適切なアドバイスをしてくれていますか...etc
普通の税理士のセミナーでは聞けない内容の話が多く、会場に来られた皆様も熱心にメモを取りながら聞き入っておられました。
最初にアパート経営の成功の秘訣は、マネジメント(管理)業が大切である事、賃貸経営は右肩下がりのビジネスモデルである事を分っていないと失敗する可能性が高くなる事を説明、その上で事業計画とキャッシュフローを把握する事が大事である。また、アパート業を良く知る税理士と組む事で経費の上手な使い方、節税方法をアドバイスしてもらう事ができ、結果として手残りを増やす事ができる。等々、実情の分かる税理士大家さんならではの経営方法をお話いただきました。他にも、個人から法人へ...アパート経営の法人化の話では、法人化する目的、メリット、デメリット、相続税対策、事業承継等について判り易くお話しいただき、興味のある方も多くいらっしゃいました。
次回の勉強会も、引き続き渡邊浩滋先生をお迎えし、4月に開催を予定しています。