賃貸経営で大事なこと

賃貸経営は、特別な資格や知識を必要としませんので、相続税対策や土地の有効活用、副業として最適です。また、入居募集から日常の管理は信頼できる不動産業者に委託することが可能なので、手間のかからない事業と言えるかもしれません。
しかし、

賃貸経営は「商売」です!

商売には「目的」(経営理念)や、「目標」(経営戦略と戦術)が必要になってきます。
商売では「目的」と「目標」を明確にしておかなければ、放漫経営となり倒産してしまいます。

今までの賃貸経営は、とにかく建てれば税金が減額されたりする“メリット”だったり、とにかく人気が出て話題になる建物“デザイン” といった賃貸経営で大事なことの一部分だけが強調されてきました。
しかし、これからの賃貸経営は、同業者が増加するため「競争淘汰の中でいかに勝ち残っていくのか」という「戦略的経営」を考えなければなりません。

目的を明確にする(何故土地活用をするのか?)

マンション経営の目的を明確にし、効果(価値)を最大限に創造する事が大切です。

1)収益目的の土地活用
2)相続対策(納税対策・遺産分割対策)の土地活用
3)固定資産税対策の土地活用
4)収入対策(現在の収入・将来の収入)の土地活用
5)業種転換(ハッピーリタイヤ対策)GS・駐車場・商店等の土地活用
6)その他

上記の様な目的に対し、しっかりとした戦略をしっかり立てる事が肝心です。

【例えば・・・】
◎収益目的であれば

◎最低手取り金額は?

◎達成できるプランは?

◎ファイナンス計画は?

といった感じで、目的に対し発生しうる問題点を掘り下げ、対策を練る事です。

 

炭八-オレンジ 賃貸経営で大事なことTOPへ